組合案内

札幌市管工事業協同組合緊急修理受付 > 自分でできる簡単修理

自分でできる簡単修理

蛇口パッキンの取り替え方

蛇口の水漏れは、蛇口の中にあるパッキンがすり減ったために起こります。
パッキンを新しいものに取り替えると、蛇口の水漏れは簡単に直ります。

※パッキン・ビスは指定給水装置工事事業者や金物店などで販売しています。

1

凍結防止用の水抜き栓をしめ、水を落とします。

2 蛇口を全開にし、スパナを蛇口の頭部にかけて左に回します。

蛇口を全開にし、スパナを蛇口の頭部にかけて左に回します。

3 蛇口の頭を取り外します。

蛇口の頭を取り外します。

4 ドライバーでビスを取り外し、パッキンを新しいものと取り替えます。

蛇口の頭部にはパッキンとビスが組み合わされています。

5 ドライバーでビスを取り外し、パッキンを新しいものと取り替えます。

ドライバーでビスを取り外し、パッキンを新しいものと取り替えます。

6 蛇口の頭部をはめ、手で2〜3回まわしてからハンドルをよくしめ、スパナで完全に固定します。

蛇口の頭部をはめ、手で2〜3回まわしてからハンドルをよくしめ、スパナで完全に固定します。

7

これで完了。水抜き栓をあけて水を出してください。

トイレのつまり・スポイトのコツ

通常のつまりの場合、この方法で解決することが多いです。

1

トイレカップ(トイレスポイト)を準備してください。

2

便器内の水がトイレカップのスポイト部分が、しっかり浸かるくらいあるか確認。
※ない場合はバケツなどで適量の水を追加します。

3

スポイト部が裏返しになるくらいまで静かにトイレカップを押し込みます。

4

力を入れ勢いよくトイレカップを引き上げます。

5

押し込むときより引く時に力を入れる点を留意し、3,4を何度か繰り返してください。

凍結したときは…

詳細はQ&Aのページでご案内しております。

ページの先頭へ